医療安全管理室

紹介・特徴など

済生会和歌山病院医療安全管理室は、病院内の安全に関する状況の把握と分析を行い、安全で質の高い医療の確保のために活動をしています。

紹介

医療の高度化・複雑化に伴い、医療事故の防止や患者さんを守るためには、医療者個人の努力だけでは限界があります。
そこで当院では医療安全という観点から様々な取り組みを行っています。
平成7年からの事故防止対策委員会設置を皮切りに、平成12年に安全対策委員会の発足。
平成21年4月からは医療安全管理室の立ち上げと同時に医療安全管理者(専従リスクマネージャー)を配置し、全部署の安全対策委員とともに組織横断的に活動する体制が出来ました。
現在、毎月1回安全対策委員会を開催して、医療安全や事故防止等について検討しています。
また、医療安全に関する職員の取り組みの確認・評価と意識向上を目的に、年3回各部署を回る「安全パトロール」を実施しています。
さらに年2回以上全職員を対象に、講師を招いての安全研修会を開催しています。
最近では、外来においてお名前を確認する際に、患者さん自らフルネームを名乗っていただくようお願いするポスターの作成。
また、入院患者さんにはリストバンドからバーコードを読み取るシステムの採用等によって、患者さん間違いの防止に努め、安全性の向上につなげています。
たとえ事故に至らなくてもヒヤリとしたりハッとした事に対しては、職員から積極的に「ハッとメモ」を出してもらい、それらを調査・分析して改善策を検討することで事故の未然防止と再発防止に努めています。
今後も医療事故ゼロを目指して、安全対策に取り組んでいきたいと考えています。

患者様相談窓口

患者様から医療安全に関するご意見やご相談をお受けする、相談窓口を設置しております。
ご相談をご希望される際には、1階受付窓口へお越し頂くか、下記の電話番号にご連絡下さい。
担当者がご相談をお受けさせていただきます。

尚、患者さんやご家族がご相談されることにより、患者さんが不利益を受けることはございません。

窓口

責任者 :
医療安全管理室 室長 澤田 康幸
受付時間 :
月~金(9:00~17:30)
電話番号 :
073-424-5185
FAX番号 :
073-425-6485

病院の防犯対策

「110番直結の非常通報装置」の設置

済生会和歌山病院では、患者さんや来院される方が安心して療養に専念できるように、また、勤務する職員が安心して医療を提供できるように、平素から、院内における防犯対策に取り組んでいますが、その対策の一つとして、平成23年9月、「110番直結の非常通報装置」を設置しました。
この装置の概要は、病院内で緊急事態が発生した時

  • 非常通報ボタンを押します
  • 警察本部の110番指令室に自動的に非常事態が通報されます
  • 110番指令室の緊急指令を受けた警察官が病院に急行されます

というシステムで、これまでにも病院内でトラブルが発生した際、非常通報ボタンを押して警察官に急行してもらい、大事に至らなかったことがありました。
療養の場である病院は、安全であることが第一であります。
今後とも、安心して治療を受けていただけるよう院内における防犯対策の充実、強化に努めていきたいと考えています。
110番直結の非常通報装置イメージ

済生会和歌山病院

  • 〒640-8158 和歌山県和歌山市十二番丁45番地
  • TEL : 073-424-5185
  • FAX : 073-425-6485

Copyright c 2017 Saiseikai Wakayama Hospital. All Rights Reserved.