済生会の紋章の由来と小史

済生会の紋章の由来

『撫子の歌』
露にふす 末野の小草 いかにぞと あさ夕かかる わがこころかな

済生会の紋章
初代総裁、伏見宮貞愛親王殿下が済生会の事業に寄せられた御歌にちなみ、いつの世にもその趣旨を忘れないようにと、なでしこの花葉に露珠をアレンジしたものを紋章として大正元年より用いています。

社会福祉法人恩賜財団済生会小史

明治44年2月11日、明治天皇は時の内閣総理大臣・桂太郎を召されて、「医療を受けることができないで困っている人達に施薬救療の途を講ずるように」というご趣旨の『済生勅語』に添えて御手元金150万円を下賜された。
これをもとに伏見宮貞愛親王を総裁とし、桂総理が会長となって同年5月30日、恩賜財団済生会を創立。
以来、社会経済情勢の変化に伴い、紆余曲折を経ながらも創立の精神を引き継ぎ、医療サービスと福祉の増進に必要な諸事業を行ってきた。

現在、社会福祉法人恩賜財団として、秋篠宮殿下を総裁に戴き、有馬朗人会長、炭谷茂理事長のもと、東京に本部、40都道府県に支部を設置し、公的医療機関としてのその機能を充実し、さらに発展させるべく病院、介護老人保健施設、老人・児童福祉施設、訪問看護ステーションなど合計372の施設で約5万9000人の職員が保健・医療・福祉活動に取り組んでいます。

済生会和歌山病院

  • 〒640-8158 和歌山県和歌山市十二番丁45番地
  • TEL : 073-424-5185
  • FAX : 073-425-6485

Copyright c 2017 Saiseikai Wakayama Hospital. All Rights Reserved.